圧力鍋に嵌りました その2

持っていた圧力鍋は、そこらへんに売っている(失礼)パール金属のごくごくお安い3.8Lサイズ。
少し浅め?で使いやすいのです。動作に問題はないし、ちゃんと料理できます。
ただ、圧力鍋って満水サイズの8分目くらいしか調理(加圧)できないのですよ。この圧力鍋だと2.5Lくらいで一杯。大鍋の代わりにはちと足りない(出汁は3.5Lくらい一気に作りたい)。

ということを母に話したら「ならうちのと交換しない?!」と。わたしにくれたのと一緒に買ったのだけど、年とともに重くなったらしい。5.5Lサイズ。お!いいじゃない?!ということで交換。ただ「軽い大鍋は何かの時用に取って置いた方がいいと思う」というアドバイスはされました。そこはナルホドと思って(用途はいくつか思いつくので)保留。
これが夏初めの頃の話。他の鍋をお嫁に出したりして場所を開けました。

しかし実際使うとなると5.5Lはデカい。ていうか深い。大きなサイズの圧力鍋ってすべてそうなのですが、深いんですよね~。これがちょっと使いにくい。4人家族の煮物にはデカすぎる。具材入れたら「あれ?少ない?」って勘違いしそうなくらい下の方に見えます(笑) カレーは作ってないけど(正確に言うと具を柔らかくするのには使ったけど仕上げは別の鍋)、余るほどに大量にできそう。給食かっ!でも出汁取りには実にジャストな理想的なサイズ。それにしてもデカくて重い。片手鍋なので余計に重く感じる。

そして、焦げ付きやすいという難点が。
お肉や具材を炒めて加圧、という工程があるのですが、大体「別鍋で」と書いてあります。でも面倒くさいじゃないですか~。どうせなら同じ鍋で済ませたいよね。特にカレーとか!で、炒めると火加減が難しく油断すると焦げ付くのだ。洗うのが大変。

更にこの圧力鍋、母がそれなりに使っていたせいか、蓋が固いんですよね。圧力の上がりも「あれ?前のはもうちょっとちゃんと上まで上がってた気がする」という状態で、ちょっと不安もありました。実際一度片付け中にピンを触ったら下がらなくなって焦った…(;''∀'')

ということで、新しい圧力鍋を探し始めました。
使ってみてさすがに5L超えたらデカすぎるというのはわかったので、最大でも4.5L。3.8Lの時も思ったのだけど、圧力鍋って重いから両手の方が持ちやすいし、何より収納場所が少し小さくて済む。片手なら3Lまで。さらに浅めのお鍋を処分したいのでできれば浅型。炒めから仕上げまで一つの鍋で済ませたいので、できれば内部コーティングされたものがいい。そんな条件で検索。

そしたら内部コーティングされた圧力鍋があるじゃないですか。少ないけど。しかし、欲しいサイズ・理想的!と思った鍋はすべて売り切れ。メ〇カリとかヤフ〇クとかで滅多に出てこない商品でもありました(有名じゃないから)。なら困った時のビタクラフトで探したのですが、現行商品は片手なんです。廃盤商品には4Lの両手もあったのですが、これまたメル〇リ・ヤ〇オク待ちですもんね。


これらが条件に比較的近かったです。が、どれもコーティングがない、大きさの割に片手、高すぎるetc. 帯に短し襷に長し…。これってものがないのです。中でもEGG FORMの3Lはかなり惹かれました。両手があれば多少高くても買ったな~と思うくらい。

その間にも圧力鍋はヘビロテでして、使うほどに「浅い方がいいな!コーティングあれば最高!」という気持ちを強くしていきました。

条件にほぼ合致していたのはコレ↓


一時はこれにしようかと思ってました。サイズも形もすべてバッチリだったんですけど、色がね…。どうしてもそこに目を瞑れなかった。どうしてコラボ商品って色が派手目なんですかね?


そしてついに!ついに発見!!



これー!理想的( *´艸`) 色が白っていうのが汚れそうとは思うけど、派手な色じゃないから十分許せる。
出汁を大量に取る、という目的にはちと適してませんが、大鍋を取っておくならそれを使えばいいわけで。両手鍋ならおでんもそのままテーブルに出せるし。深すぎずちょうどいい感じ。しかももうたぶん作ってないので今手に入れなければまた手に入らなくなるかも?という状況。今使っているのもパール金属製なので安心感もあります。

しかもちょうど楽天セール始まった(あんまり関係ないけども)ので、即ポチ!来るのが楽しみ♪

そしてちょうど同じ頃、とっても素敵な情報をキャッチ!
更に続く…。



[PR]


にほんブログ村 インテリアブログ 一戸建インテリアへにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へ
by soukohouse | 2017-10-16 15:52 | キッチン | Comments(0)