鍋の適正量って?

↓の記事で書いた昨夜のカレー、明日のパンで、お鍋でご飯を炊いてるのに触発されて最近ご飯をよくお鍋で炊きます。ドラマは 無水鍋を使ってました。我が家はルクルーゼで炊いていましたが、ここ最近はビタクラフトを使用。が、そのビタクラフトで事件が!←おおげさ

f0343886_09194352.jpg
f0343886_09212538.jpg

これが我が家の鍋収納。
IH横に吊り下げてるのは超1軍。とにかく毎日or2日に1回は使用するもの。一番右の16センチ片手なべは使用中。
IH下の引き出しはそれ以外のもの。ラックを使って収納しているのは1軍。左下の積み重ねてる大鍋とルク、右側の大きいフライパンは2軍。

ラックにある26センチ深型フライパンは前のがダメになって買い換えたばかり。いろいろ検討しましたが、結局生協で購入。お手軽な値段な割に深さもちょうど良くて何より軽い!右側のフライパンは卓上鍋も兼用。フライパンは片手の方が使いやすいのだけど、卓上鍋で使うには持ち手が外れるか両手の方がいい。悩ましいところですが、悪くなるまではこれを使う予定。

で、問題はルクルーゼ。正直なところ、我が家の断捨離候補No.1。使用頻度と手入れのしやすさ等を考えると、処分するならコレってなっちゃうんですよねぇ。先日まで、茶碗蒸しにはルク!って決めててそれ以外考えられなかったんですが、ビタフラフト(深いのと22センチ鍋と)でもできることが確認できたし、更にはごくまれに炊いていたご飯もビタクラフトでうまくできたし。ルクの存在意義が薄れてきたところ…事件発生ですよ!

なんとご飯を炊いたビタクラフトの蓋が開かない(大汗)
うんともすんとも言わず…最終的には焦げるの覚悟で温めてやーーっと取れました。20分くらいかかりましたよ007.gif もちろん立派なお焦げもできてたし。ビタクラフト22センチは使い勝手もすごくいいのですが、蓋がピッタリなのでくっつきやすいっちゃーやすいんです(深鍋の方がくっついても取りやすい。シリーズが違うから)。

で、この事件でルクの存在意義を確認(笑)
ご飯を炊くならルク。この鍋はそのために存在している。
ということで、現在我が家には断捨離したい鍋はないという結論に達しました。

[PR]


にほんブログ村 インテリアブログ 一戸建インテリアへにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へ
by soukohouse | 2014-11-22 09:23 | キッチン | Comments(0)